中学受験の勉強のコツは反復練習

中学受験では、とにかく小学校の6年間でとんでもない量の暗記量が必要とされます。ここでポイントとされるのは、いつ頃から中学受験の勉強を始めるのかです。
もちろん早く始めたからといって成果が大きいわけではありません。

ポイントは暗記にまつわる項目は早いタイミングから始めることで、反復練習で全てマスターしようということです。これが小学校3年生4年生でマスターできれば、あとは受験に向けての勉強に充てることができます。

さらに6年生になれば、反復練習の量を減らして逆に模擬試験や外部での試験を受けることで試験慣れをすることが重要になってきます。
そして、ここから勉強のコツで重要なのは、志望校の過去の問題をたくさん解いて、いかにその傾向をつかむかと言うことになります。

仮に受験当日に同じ実力であれば過去問を解いているかどうかで大きな差が出てくるのは言うまでもありません。こうした過去問の傾向をきちんと教えてくれる塾がありますので、6年生になればこういった塾を利用することがお勧めだと思います。
もちろん、市販でも中学受験の過去の問題集は学校ごとに販売されていますので塾以外にも自分で時間を決めて自宅で解くという訓練も忘れてはなりません。